Draconidum > story > 思念があるとしたら

何を以って、生物とするか。
科学の世界ではすでに決断が下された世界の話ではあるが、
個として生きる我々には、永遠に投げ掛けられ続ける問いなのではないだろうか。
ヒトは考える葦であると誰かが表現したように、
生物には思念がある。
思念があってこその生き物。私は、それを答えの一つとして提唱したい。

今、目の前を転がる物体がある。この物体に思念があるとしたら?
転がるための地面がある。これに思念があるとしたら?
残念ならが物体に思念があるかどうかを観測する方法を私は持ち合わせていない。
しかし、思念があるとしたら、と思いを馳せることはできる。

あなたという存在がある。あなたに思念があるとしたら。
ここにとある世界がある。世界に思念があるとしたら。

思念があるとしたら、を問うた今、
あなたには思念があるだろう。問いかけた先にも思念があるのだろう。
戻る

ページ上部へ

© 2000- Swil ormselce