Draconidum > 世界観 > 世界観概論"はじめて"

5分でわかるドラコニダム世界観


主に初めての人のために、あっさり味の世界観説明!

物語の舞台

アリアウトと呼ばれる世界。地球よりちょっと大きい惑星。
ほとんど惑星まるごと舞台になります。


魔族と竜人

その昔は人間も、ドラゴンも、いろんな生き物が生息していました。
しかしながら、魔族と呼ばれる生き物が発生して以降激変。
多くの生き物が消え、魔族がはびこる世界に。
そんな時代に、竜と人との間のような生き物、竜人が生まれました。


竜人って?

出自不明の属性竜人を除き、地走竜が進化したケース、
人と竜との遺伝子が非常に適合しているため進化したなど、多くの仮説があります。
この世界、アリアウトには魔素という物質が存在し、これが影響したと考えられています。


魔素?

別名”存在の構成粒子”、いわゆる魔法を介在する媒体です。
品質のよいものは液体状になることが知られています。
この液体状の魔素がある場所には魔族がほとんどいません。
竜人はこの場所を感知することに優れていたため、生き残ったと考えられています。


正地と負地

黒い塊の生物、魔族が出現する場所にも傾向があることがわかりました。
また、この魔族たちも魔素により構成されていることが判明しました。
竜人達が見つけた、良質な魔素の溢れる安息の地を正地、
魔族のはびこる痩せた大地は負地と呼ばれるようになりました。


世界の奪還

負地の魔族を殲滅することで、土地の浄化ができることが判明。
魔族を倒し、土地の奪還を目指す者たちは冒険者と呼ばれました。
正地を広げ、負地を浄化することで世界を取り戻す。これがこの世界の目的です。

ページ上部へ

© 2000- Swil ormselce