Draconidum > 世界観 > 世界観概論1-3
アリアウトの基礎知識


3) 魔法と呼ばれるもの

未来ある学び手諸君、君達がこの門を越えたからには多くの学びを乾いた砂地のように吸収してもらいたい。

自分が教えることは、魔素への認識を根底から改めさせるものである。

魔法は化学である。物質を切り分けた原子分子と同様。

もう一度伝える。魔法は化学である。




魔素が環境中を漂うことは周知の事項であるが、

これは地の形成のみならず、我々が普段使う”魔法”という概念に関わる。

観測できない、重量を測ることができない、しかしながら感知することができる・・・

長らく基礎科学を惑わしたことから元素になぞらえて魔素と名づけられたものであるが、

一定の法則に従いこれを操ることで現象を引き起こす。これこそが魔法の正体である。

このことをこれからの講義で理解してほしい。




魔法は選ばれた者のためだけに存在するわけではない。

選ばれた大地にしか存在しないというわけではない。

誰もが、行使できうる能力なのである。

                   ――後代の魔素理論学教授による講義から

次:4) 一大種族、竜人種
戻る

ページ上部へ

© 2000- Swil ormselce